メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

熊本城の石垣6カ所崩落 重文の長塀にも被害

地震で石垣や屋根が壊れた熊本城=熊本市中央区で2016年4月15日午前6時48分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

シャチホコも落下

 熊本県内を中心に激しい揺れを観測した熊本地震から一夜明けた15日、避難所や屋外などで眠れぬ夜を過ごした被災者らは疲れ切った様子で不安を口にした。震度7を記録した同県益城町などでは地震後に火災や家屋の倒壊が相次ぎ、断続的な余震に見舞われながら夜を徹して懸命の救出作業が続いた。

 国特別史跡の熊本城(熊本市中央区)では、急勾配の造形が美しく「武者返し」の名で親しまれている石垣が、天守閣などの6カ所で崩落した。

 天守閣は土台の石垣の一部が崩れ、シャチホコや瓦も落下した。城内の門などの石垣も壊れ、被害が大きなところでは高さ約10メートル、幅約10メートルにわたって崩壊し、直径1メートルほどの石が道路に転がり落ちた。

 国重要文化財の周囲の長塀も半分ほど約100メートルにわたって倒壊し、平櫓(ひらやぐら)も損壊した。熊本城総合事務所によると、熊本城に通じる付近の道路は進入禁止となった。

 総合事務所は「長い歴史の中で、これほど石垣が崩れた被害は聞いたことがない。余震で石垣に亀裂が入り、再び崩れる可能性もある。復旧するには相当の時間がかかるだろう」としている。【出口絢】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 児童虐待 2歳男児をゴミ袋に入れて放置 同居の男再逮捕
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. 児童虐待防止 「もう耐えられない」タレントら要望書提出
  5. 元配達員 配達先の少女暴行 強制性交等罪で起訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]