メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本震度7

東日本大震災以来 2人死亡、100人けが

地震のため倒壊し、火事になった民家=熊本県益城町で2016年4月14日午後10時53分、野呂賢治撮影

 14日午後9時26分ごろ、熊本県を中心に強い地震が発生し、同県益城町(ましきまち)で震度7を観測した。熊本市や玉名市などで震度6弱、菊池市などで震度5強を観測。福岡、大分、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島、山口の各県でも震度4を観測するなど広い範囲で強い揺れに見舞われ、最大で震度6強の余震も続いた。国内で震度7が観測されたのは、2011年3月の東日本大震災以来で、4回目。九州地方での震度7は1923年の観測開始以来初めて。

 気象庁によると、震源地は熊本地方で、震源の深さは約11キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.5と推定される。熊本市では、長周期地震動が4段階のうち2番目に強い「階級3」を観測した地域があった。震度1以上の余震は15日午前1時現在で、54回に上っている。

 熊本県警によると、2人が死亡した。さらに、80代の男性と女児が意識不明の重体になっているほか、益城町馬水で倒壊した建物の下敷きになった女性1人が意識不明の重体という。

 熊本県警によると、熊本県内で負傷者は重傷を含め少なくとも100人、佐賀県警によると佐賀県内で5人が負傷した。熊本市によると、市内各所の公民館などに計1200人以上が避難しているという。熊本城(熊本市)の天守閣の石垣も幅10メートル程度にわたって崩れたが、けが人はなかった。

 熊本県は午後9時26分に蒲島郁夫知事を本部長とする災害対策本部を設置し、午後10時40分、自衛隊に災害派遣要請をした。防衛省によると、自衛隊員約390人を益城町などに派遣した。

 総務省消防庁も県に緊急消防援助隊を派遣した。警察庁は午後10時10分、坂口正芳次長をトップとする警察庁非常災害警備本部を設置した。

【遠山和宏、中里顕、川上晃弘、町田徳丈】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS 性的画像「恋人なら共有」20代1割 注意喚起
  2. eye 春なのに、集落1人きり
  3. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  4. 兵庫・葬儀会社 男児解剖遺体 頭部にコンビニ袋
  5. 感謝状 郵便局員が詐欺防ぐ 「お菓子と書け」実はカード

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]