メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かすみがうらマラソン

いっしょに走ろう/下 痛みケア、実習の場

2014年の大会で、完走したランナーを笑顔で迎えるボランティアら。今年も約4000人のボランティアが大会を支える=喜屋武真之介撮影

 今回の「かすみがうらマラソン」では、理学療法士らを養成する茨城県立医療大学(茨城県阿見町)の学生や卒業生が初めてボランティアで大会を支える。会場でブースを設け、マッサージや体調管理の指導などを行う。

 学生らの参加を進めてきた同大学の水上昌文教授(55)は「大会出場者が少しでも長くマラソンを続けられる環境をつくりたい」と意気込んでいる。

 理学療法士は、高齢者や障害のある人が歩行訓練などによって自立した日常生活を送れるよう支援するリハビ…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1023文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. ORICON NEWS [ガンプラビフォーアフター]創造力が生んだFAガンダム、「プラモ狂四郎」が果たした“ガンプラ脳変革”
  3. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  4. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  5. 戒告処分 相談軽視の発言 長崎市立中の女性教諭 /長崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです