メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本、阿蘇、大分…3つ別々の地震が同時に発生

倒壊した家屋から救出される女性=熊本県益城町で2016年4月16日午前8時52分、宮武祐希撮影

気象庁課長「16日未明の本震が影響」

 熊本県熊本地方、阿蘇地方、大分県で規模の大きな地震が相次いでいることについて、気象庁の青木元・地震津波監視課長は16日午前の記者会見で、三つの地域で別々の地震が同時多発的に発生しているとの見解を示した。16日午前1時25分に発生したマグニチュード(M)7.3の地震(本震)が影響していると考えられるという。

 M7.3の本震は、14日発生した熊本地震の原因の「日奈久(ひなぐ)断層帯」とその北側の「布田川(ふたがわ)断層帯」が交わる場所のやや北で発生した。その後、北東側で地震活動の高まりがみられ、午前3時55分には熊本県阿蘇地方でM5.8(最大震度6強)、午前7時11分には大分県中部でM5.3(最大震度5弱)の地震が相次いで発生した。

 気象庁はこれらの余震域が離れていることから、それぞれ別の地震と判断。青木課長は「広域的に続けて地震が発生したケースは近代観測が始まって以降は思い浮かばない」と話した。【飯田和樹】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都・嵐山線 5歳児、電車に接触し引きずられるも軽傷
  2. 南明奈 よゐこ濱口と交際4年 「いつかは結婚したいと…」
  3. 岐阜の介護施設 死亡女性、首と胸にあざ 前日に家族確認
  4. 夏の高校野球 仙台育英サヨナラ 大阪桐蔭春夏連覇消える
  5. 夏の高校野球 仙台育英 九回2死「終わった」一転…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]