メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未明に本震 新たに19人死亡、死者28人に

救助活動が続く東海大阿蘇キャンパスそばのアパート=熊本県南阿蘇村で2016年4月16日午前7時29分、本社ヘリから矢頭智剛撮影

阪神大震災と同規模 14日のは「前震と考えられる」

 16日午前1時25分ごろ、熊本県熊本地方を震源とする地震があり、同県南阿蘇村や熊本市などで震度6強を観測した。気象庁によると、震源の深さは12キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は7.3と推定され、1995年の阪神大震災と同規模。エネルギーは14日夜に益城(ましき)町で震度7を観測した地震(M6.5)の約16倍。16日正午現在の毎日新聞のまとめでは、新たに19人が死亡した。これで県内の死者は28人となった。国道で橋が崩落し、同県宇土市役所が倒壊の恐れがあるなど建造物に大きな被害が出た。

 気象庁は、「14日以降に発生した地震の本震と考えられる」との見方を示したうえで、14日午後9時26分ごろに発生した震度7(M6.5)の地震とそれ以降の地震は「前震と考えられる」とした。

 県警や各地の自治体などへの取材によると、南阿蘇村では土砂崩れに家ごと巻き込まれた男女2人が死亡したほか、東海大学阿蘇キャンパスに通う学生ら向けのアパート6棟が倒壊し、男女2人が死亡した。西隣の西原村でも住宅の倒壊が相次ぎ、5人が死亡したという。嘉島(かしま)町では住宅の倒壊で60〜80代の男性3人が死亡。熊本市でも南区の全壊した住宅で60代男性の遺体が見つかるなど少なくとも3人が死亡した。益城町でも新たに4人が死亡した。

 このほか八代市で16日午前3時半ごろ、アパートから出火し、焼け跡から1人の遺体が見つかったが、地震との関係は不明。

 14日の地震と合わせた県内の避難者数は6万8911人(16日午前7時現在)で、15日の7262人から急増した。

 インフラへの打撃も深刻で、南阿蘇村の国道325号に架かるアーチ状の阿蘇大橋(全長約200メートル)が崩落した。

 熊本空港ビルディング(益城町)によると、空港ビルの天井約2〜3平方メートルほどが落ち壁にひびが入るなどしたため、客の安全を確保できないとして16日午前4時45分、ビルを閉鎖し、同日の熊本空港発着便全てとなる国内線72便、国際線2便が欠航した。滑走路は使用でき、自衛隊機が使用している。

 国土交通省によると、鉄道では、JR豊肥線で赤水駅(熊本県阿蘇市)を出発した回送列車(2両編成)が脱線した。けが人はいない。南阿蘇村の国道57号沿いで土砂崩れが起き、並行する豊肥線の線路も流された。

 高速道路は、熊本県の九州道御船インターチェンジ(IC)−松橋(まつばせ)IC間で、高速道路をまたぐように通っていた跨道橋が崩れて道路をふさいだ。15日夕までに熊本、佐賀、大分の3県で6件の土砂災害発生が確認されていたが、新たに熊本県南阿蘇村で土砂崩れ2件、同県益城町で地滑り1件が起きたことも判明した。

 地震は断続的に続いており、16日午前1時46分にも熊本地方を震源とする震度6弱の地震(M6.0)があった。その後も同県阿蘇地方を震源とする震度6強(M5.8)や、大分県中部地方を震源とする震度5弱(M5.3)の地震などが発生した。

 さらに大規模な地震が発生する可能性について、気象庁の青木元・地震津波監視課長は「わからない」としたうえで「揺れの強かった地域では家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっている。身の安全を図ってほしい」と話した。

 原子力規制庁によると、運転中の九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県)は運転を継続しており、異常はない。停止中の九電玄海原発(佐賀県)、四国電力伊方原発(愛媛県)、中国電力島根原発(島根県)にも異常はない。【中里顕、井川加菜美、円谷美晶】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小林麻央さん死去 「愛してると旅立った」海老蔵さん会見
  2. 小林麻央さん死去 闘病ブログで発信 20日に最後の更新
  3. 小林麻耶 初めて公の場で闘病の麻央を語る「妹は本当に強い」(スポニチ)
  4. 小林麻央さん死去 会見詳報(1)最後の最後まで、愛してくれていた
  5. 沖縄慰霊の日 両陛下と皇太子さま、皇居で黙とう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]