メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーストリア

ワーキングホリデー制度を導入 日本と合意

日本・オーストリア間のワーキングホリデー制度導入に向け、合意文書を交換する竹歳誠・駐オーストリア大使(右)とオーストリアのシュテーガー労働・社会問題・消費者保護相=ウィーン市内で2016年4月14日、三木幸治撮影

 【ウィーン三木幸治】日本政府とオーストリア政府は、若者が働きながら相手国での生活を体験する「ワーキングホリデー制度」を7月から導入することで合意した。日本としては16カ国目。竹歳誠・駐オーストリア大使とオーストリアのシュテーガー労働・社会問題・消費者保護相が14日、ウィーン市内で合意確認文書を交換した。

 竹歳大使は、オーストリアのクルツ外相が学生時代にバックパッカーとして日本を訪れ、好感を持ったことに…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文401文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  5. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです