メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

新しい社会人へ=元総務相・増田寛也

人口減少に備え改革を

 新年度がスタートした。街中で真新しい黒いスーツを着た新人の姿を見かける。初心を忘れることなく社会人としての第一歩を踏み出してほしい。

 先日、国家公務員合同初任研修でいわゆる中央官僚の卵たち700人に講話をした。前日には行政府の最高責任者たる安倍晋三首相が訓示をしている。国の基本を決めるのは政治の場、すなわち立法府だがそこは権力闘争が渦を巻き、しばし混乱する。選挙が近付けば重要事項を先送りする。「政治主導」とはいいながら実際には行政府で働く官僚たちの各方面への影響力は大きい。彼らが高い士気を維持し職務に精励してもらわなければ、この国の針路を間違うおそれがある。毎年首相が足を運んで直接訓示するのも、彼らへの期待の表れだろう。

 私も40年ほど前、社会人としての第一歩を建設省(現国土交通省)でスタートさせたが、同じように各省合…

この記事は有料記事です。

残り1361文字(全文1736文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  5. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです