メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「本震」震源は布田川断層帯

熊本地震で起きた活断層のずれのイメージ

 国土地理院は16日、同日未明に起きた本震の震源が布田川(ふたがわ)断層帯とみられると発表した。観測された地殻変動のデータを基に震源の断層面を推定したところ、布田川断層帯とほぼ一致した。同院によると、長さ27.1キロ、幅12.3キロの断層面が3.5メートルずれたとみられる。断層面は布田川断層帯に沿って東北東へ延びていた。

 また、本震の地殻変動の大きさは熊本県南阿蘇村で97センチ、熊本市北区で75センチに達し、14日夜に起きたM6.5の前震の水平方向の地殻変動量の約5倍だった。前震で変動が大きい場所はほぼ熊本市周辺に集中していた。同院は「本震の方がより広く大規模に変動している」と分析した。【酒造唯】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福原愛選手 「赤ちゃんを授かりました」自身ブログで報告
  2. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」
  3. 井村屋 「あずきバー」を全国5カ所で無料配布 来月1日
  4. 東急田園都市線 線路に水噴出 一時全線で運行見合わせ
  5. 小林麻央さん死去 なりすまし投稿…ツイッター社対応は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]