メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「本震」震源は布田川断層帯

熊本地震で起きた活断層のずれのイメージ

 国土地理院は16日、同日未明に起きた本震の震源が布田川(ふたがわ)断層帯とみられると発表した。観測された地殻変動のデータを基に震源の断層面を推定したところ、布田川断層帯とほぼ一致した。同院によると、長さ27.1キロ、幅12.3キロの断層面が3.5メートルずれたとみられる。断層面は布田川断層帯に沿って東北東へ延びていた。

 また、本震の地殻変動の大きさは熊本県南阿蘇村で97センチ、熊本市北区で75センチに達し、14日夜に起きたM6.5の前震の水平方向の地殻変動量の約5倍だった。前震で変動が大きい場所はほぼ熊本市周辺に集中していた。同院は「本震の方がより広く大規模に変動している」と分析した。【酒造唯】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. モデル 知花くららさんが結婚 俳優の上山竜治さんと
  2. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 
  3. 空の境界線 富山の空を二分
  4. もみじロード バイク事故増加 動画撮影で危険な走行も
  5. 中国 陳氏、中国副主席に内定 習氏の後継固まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]