メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

大分、宮崎で崖崩れ 高速道、複数区間通行止め

大分自動車道を覆う土砂崩れ=大分県由布市で2016年4月16日午後5時、本社機「希望」から梅村直承撮影

 土砂崩れによる住民の孤立やライフラインへの打撃など深刻な状況がさらに広がった。国土交通省によると熊本県内で起きた15件の土砂災害のうち、南阿蘇村河陽では温泉旅館2軒の宿泊客らが一時孤立した。大分県中津市と宮崎県椎葉村でも崖崩れが1件ずつあり、民家に被害が出た。

 高速道路は17日午前0時現在、九州道植木インターチェンジ(IC)−八代ICなど複数の区間が通行止め。このうち大量の土砂が崩落した大分道湯布院IC−日出(ひじ)ジャンクション(JCT)間下り車線では土砂搬出が始まった。国道…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです