メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

プロ野球やJ1で試合中止 安全確保を優先

熊本地震の被災者のために募金活動をするJ1福岡の井原監督(右)ら=福岡市中央区天神で2016年4月16日午後2時42分、佐野優撮影

 熊本地震の影響は16日もスポーツ界に波紋を広げた。プロ野球のソフトバンクやサッカーのJ1は観客の移動手段や安全が確保できないことを理由に本拠地での試合を中止。その一方で災害地への義援金の募金活動も本格化し始めた。

 ソフトバンクは16日午前、ヤフオクドーム(福岡市中央区)で予定していた楽天戦を中止にした。球団によるとスタジアムの損傷はないが、交通機関への影響や観客の安全確保を優先し中止を決めたという。

 工藤監督は「楽しみにしていたファンには申し訳ないと思うが、現状を見れば理解してもらえると思う。(被…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1007文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです