メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人工透析医療機関 受け入れ可能人数などをHPで公開

日本透析医会 災害時情報ネットワークのホームページ

 日本透析医会は、熊本県を中心とする一連の地震を受けて、人工透析を必要とする患者のために、ホームページ「災害時情報ネットワーク」欄で、県内医療機関の被災状況や透析可・不可、受け入れ可能人数などの最新情報を掲載している。

 登録施設数は17日夕までに97件。情報の内容は、透析の可否▽被災の有無▽CAPD(腹膜透析)の受け入れ可不可▽被災状況▽主な不足物品▽透析要請▽患者移送手段▽透析室貸し出し可能数▽透析受け入れ可能数▽ボランティア派遣可能人数▽その他不足物品や連絡事項−−など。地域を指定して透析可能な病院を検索するページも設けた。ホームページの一覧は次の通り。

登録施設一覧

https://www.saigai-touseki.net/list/?bid=100

透析可能施設一覧

https://www.saigai-touseki.net/result/?bid=100

検索ページ

https://www.saigai-touseki.net/alllist/?bid=100

【岡礼子/デジタル報道センター】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 失禁 5人に1人「便」経験 男性、20~30代やや多く
  2. 渋谷暴動事件 大坂容疑者の逃走支援…逮捕の50代活動家
  3. 神戸小学生連続殺傷20年 「なぜ」今も解けず
  4. 子育て親子 きれいな字、書かせるには
  5. 神戸小学生連続殺傷 元捜査1課長「声明文、子どもかも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]