メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックマーク

沖縄の「いい暮らし」=岸政彦(社会学者)

 しばらく沖縄の話が続きます。

 沖縄の良いところは、「自由」なところだと思う。先月の沖縄出張のときに、那覇の泊(とまり)というところにある、地元客向けの大衆食堂で昼ごはんを食べていたら、横のテーブルで、おじい(沖縄で「おじいさん」のこと)がひとりで、のんびりと泡盛のボトルを置いて、自分で水割りを作りながら、ゆっくりと飲んでいる。土曜日だったが、まだ昼の12時である。いいなあこういうの、と思って横目で見ていたら、店にもうひとりのおじいが入ってきて、改まったあいさつもせずにそのおじいのテーブルに座り、一言二言会話を交わしたあと、一緒に泡盛の水割りを作って飲んでいた。

 いいなあ、と思った。地元の幼なじみだろうか。大げさなあいさつもなく黙って同じテーブルに座るところも…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文799文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]