メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさかの市民パワー

淡路プラッツ 社会参加へ若者支える ひきこもり克服願い /大阪

若者支援の活動方針について、打ち合わせするスタッフ=大阪市東淀川区の「淡路プラッツ」で、中尾卓司撮影

 <まち・雇用><子ども・教育>

 「地域の住民の方々や他団体と連携できたら、ええね」「いろんな人が出入りして、人の輪が生まれるプラッツに」「地域の人たちに支えられているんやから」−−。ひきこもりやニートの若者、不登校の小中学生を支援するNPO法人「淡路プラッツ」(大阪市東淀川区)の事務所を訪ねると、スタッフが今後の活動方針を打ち合わせていた。

 淡路プラッツは1992年、若者を支える「親の会」から始まった。「私たちがいなくなると、この子はどう…

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1457文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪 「期間中に夏休み」政府、首都圏企業に要請
  2. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  3. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  4. 水球代表 女子合宿打ち切り 男子監督がネットで戦術批判
  5. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]