メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさかの市民パワー

淡路プラッツ 社会参加へ若者支える ひきこもり克服願い /大阪

若者支援の活動方針について、打ち合わせするスタッフ=大阪市東淀川区の「淡路プラッツ」で、中尾卓司撮影

 <まち・雇用><子ども・教育>

 「地域の住民の方々や他団体と連携できたら、ええね」「いろんな人が出入りして、人の輪が生まれるプラッツに」「地域の人たちに支えられているんやから」−−。ひきこもりやニートの若者、不登校の小中学生を支援するNPO法人「淡路プラッツ」(大阪市東淀川区)の事務所を訪ねると、スタッフが今後の活動方針を打ち合わせていた。

 淡路プラッツは1992年、若者を支える「親の会」から始まった。「私たちがいなくなると、この子はどう…

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1457文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです