メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おおさかの市民パワー

淡路プラッツ 社会参加へ若者支える ひきこもり克服願い /大阪

若者支援の活動方針について、打ち合わせするスタッフ=大阪市東淀川区の「淡路プラッツ」で、中尾卓司撮影

 <まち・雇用><子ども・教育>

 「地域の住民の方々や他団体と連携できたら、ええね」「いろんな人が出入りして、人の輪が生まれるプラッツに」「地域の人たちに支えられているんやから」−−。ひきこもりやニートの若者、不登校の小中学生を支援するNPO法人「淡路プラッツ」(大阪市東淀川区)の事務所を訪ねると、スタッフが今後の活動方針を打ち合わせていた。

 淡路プラッツは1992年、若者を支える「親の会」から始まった。「私たちがいなくなると、この子はどう…

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1457文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]