メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞1946

引き揚げ者、どう伝えた 多数の犠牲つかめず

1946年5月31日の毎日新聞朝刊(東京本社版)2面

 第二次大戦の終結時、海外にいた日本人は当時の人口の1割に相当する660万人。軍人以外に限っても300万人いた。

 旧ソ連軍が侵攻した旧満州(現中国東北部)には終戦時、国策による農業移民「満蒙開拓団」を含め155万人の民間人が残された。冬は越せたのか。情報が届かぬまま翌1946年春、本格的な引き揚げが始まった。

 第1陣を乗せた船が長崎県の佐世保港に着いたのは46年5月14日。翌15日の毎日新聞朝刊(東京本社版…

この記事は有料記事です。

残り1018文字(全文1223文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです