メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

「ひとり終活」で死を考える

 小谷みどりさんが新著の「ひとり終活」を出した。第一生命経済研究所の主席研究員は、テレビ出演も多い葬送問題研究者。副題に<不安が消える万全の備え>とある。女性学の大御所、上野千鶴子さんが昨年秋に出した本が「おひとりさまの最期」。今、終活研究の最先端は、「独居」に関心があるようだ。

 2人とも本の中で、まず「ひとり暮らしはかわいそうか?」と問いかけている。支援の必要なケースはもちろんある。だけど、一律に「かわいそう=不幸」のレッテル貼りはよくないと訴える。いまや高齢者のいる世帯の4分の1は1人暮らし。2035年には東京だと半分近くはそうなる、という推計もある。夫婦のみ世帯も「独居予備軍」といっていいから、多くの人にとって「ひとり終活」の準備は必須なのだろう。

 ひとりで生き、ひとりで死ぬことを想定して具体的なメニューについて書いてあるのが、小谷さんの新著の特…

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです