メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

無農薬野菜

「ビオ市」食の安全安心求め人気 相模原の農家、消費者と直接関わり営農意欲向上 /神奈川

新規就農者も、消費者と直接関わり営農意欲向上

 相模原市の中山間地で農薬や化学肥料を使わずに野菜の多品種少量生産に取り組む農家が毎月2回、朝取り野菜や手作り加工品を緑区牧野(旧藤野町)で直売する「ビオ(BIO)市・野菜市」が、始まって約4カ月で食の安全・安心を求める消費者の人気を集めてすっかり定着した。出店する農家10軒のうち5軒が20代後半から40代前半で、この5年間に新規就農した人たち。市の開催を機に、一段と営農意欲を高めている。【高橋和夫】

 ビオ市の仕掛け人は緑区日連に住み、インターネットのウェブ制作やイベント企画を手掛ける土屋拓人さん(…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. 余録 米ワシントン、ポトマック河畔の桜は1912年…
  4. 先発は習志野・山内、日章学園・石嶋 第1試合は午前9時プレーボール
  5. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです