メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

由布院、少しずつ「通常の顔」に 海外客も訪問

湯の坪街道を観光するインドネシアからのツアー客ら。少しずつ人通りが戻ってきた=大分県由布市湯布院町で2016年4月18日、安部志帆子撮影

 16日未明の震度6弱の地震で被災した大分県由布市湯布院町。普段は観光客らでにぎわう温泉地の通りは閑散とし、飲食店やみやげ物屋は店内に商品が散乱していたが、18日までに、JR由布院駅前や湯の坪街道の店の約4分の1が営業を再開した。海外からの客も訪れるなど、少しずつ人通りが戻ってきた。【安部志帆子】

 16日にいち早く店を開けたのは駅前の「由布見(ゆふみ)通り珈琲」。シロップのビンなどが割れた店内を早朝から片付け、午前10時に営業を始めた。店長の谷口耀一さん(39)は営業するか迷ったが、従業員の津川真里恵さん(24)が「揺れは怖いけど、帰れない海外の人が多いはず。少しでも休めるところが必要ですよ。やりましょう」。

 同日の昼過ぎには、近所の人や由布から出られない観光客らが来店した。金沢市の女性(55)と北海道小樽…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです