メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

復興と歩む「一人新聞社」=菊池由貴子・一般社団法人大槌新聞社代表

 東日本大震災で岩手県大槌(おおつち)町は中心市街地が壊滅し、人口の1割近い1285人が亡くなるなど甚大な被害を受けた。情報不足に陥った経験から町民が町民向けに町の情報を書いた新聞が必要だと思い、「大槌新聞」を2012年6月に創刊した。

 タブロイド判4ページの週刊で、子供からお年寄りまで読んでもらえるように字は大きく、文字数を絞り、わかりやすい表現を心掛けている。復興情報がメインで行政や議会の動きも伝える。取材、執筆、編集は1人で行う。13年4月からは町内全戸約5000世帯に無料配布をしている。

 町が掲げる「住民主体のまちづくり」の基礎となるのは、町内の情報共有だ。町が広報誌などを通じて、網羅…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1289文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノルウェー豪華客船がエンジン故障 1370人乗せたまま航行不能に
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  5. 広瀬すず 100作目朝ドラヒロインは必然 強運引き寄せる「完璧主義」と「負けず嫌い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです