メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

これが益城名産のスイカ 手作業で出荷作業

手作業で一つずつ大きさを選別して仕分けられたスイカ=熊本県益城町で2016年4月19日午後2時36分、久保玲撮影

 地震が直撃した熊本県益城町では、名産のスイカを出荷するための自動選果機が止まった。重さなどを機械で測定し自動的に仕分けする重要な装置だが、出荷の再開を望む声が被災農家の間で上がり、手作業による選別・出荷作業が始まった。「泣いてばかりいられない。自慢のスイカを皆に届け、復興の歩みを進めたい」。スイカ農家は前を向く。

 被害を受けたのは、「JAかみましき」の益城西瓜選果場(益城町田原)。地震で選果機のベルトコンベヤー…

この記事は有料記事です。

残り474文字(全文682文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. 浦和が7度目の優勝 仙台降す サッカー天皇杯
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. ORICON NEWS 松本人志、“M-1暴言騒動”久保田と武智を叱責「勉強不足。上沼さんをわかっていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです