メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新たな地上絵、空想上の動物か…山形大が発見

舌を伸ばした動物の地上絵(上)と地上絵の想像復元図=いずれも山形大学人文学部付属ナスカ研究所提供

 山形大ナスカ研究所は19日、ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」で、空想上の動物が舌を出した姿の絵が見つかったと発表した。近くの神殿への巡礼路沿いにあり、「道しるべ」と考えられるという。

 横約30メートル、縦約10メートルで、紀元前400年〜同200年ごろのものと推定される。2004年からの調査でラクダ科の「リャマ」や「ハチドリ」を確認しているが、足らしき突起が8本ある今回のような生物は初めて。

 地上絵は宅地開発の進む市街地でも発見されることが多いが、今回はそれとは別に坂井正人教授(文化人類学)らがナスカ市郊外で土器の調査中に偶然見つけた。これぞ、未知なる生物のお導き?【野間口陽】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内閣支持率 続落26% 「総裁3選」62%否定
  2. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  3. 仙台市長選 郡和子氏が初当選 自公敗北、加計問題影響
  4. 殺人未遂 容疑で女子大生逮捕「恋愛感情のもつれで」
  5. ミナミ通り魔 死刑破棄、父ぼうぜん「吐きそう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]