メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北斗星

客車、保存へ…目標額集まる、北斗市の学校跡地に

北斗星の客車=北斗の星に願いをプロジェクト推進委提供

 ブルートレインとして親しまれ昨年8月に引退したJR寝台特急「北斗星」の客車保存を目指す市民団体「北斗の星に願いをプロジェクト推進委員会」(沢田導俊代表)は、集まった資金が目標額に達したことを明らかにした。これで寝台車2両が北海道北斗市に保存される見通しとなった。

 同委員会は地域振興策として北斗星の寝台車の保存を計画し、輸送・設置費としてインターネットで小口資金を募る「クラウドファンディング」を活用。3月27日から今月19日午後7時までに643人から1314万5000円が集まった。資金は九州や四国などからも寄せられ、北斗星の思い出をつづった応援の手紙を添える人もいたという。資金は今月27日まで募る。

 保存されるのは開放式B寝台車と、客室やロビー、シャワー室を備えた車両。6月にも札幌市からかつて走行していた旧江差線(現・道南いさりび鉄道)茂辺地駅に近い北斗市の茂辺地中学校跡地に運び、8月のお披露目を予定している。

 当面は北斗星や青函トンネルの資料館として整備し、カフェ・宿泊施設としての活用も検討する。沢田代表は「たくさんの人にとって思い入れのある特別な車両。責任を持って保存し、観光資源として活用したい」と話した。【遠藤修平】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草加市立病院 腹腔鏡手術問題 第三者委の設置を遺族が申し入れ /埼玉
  2. 関越道 トレーラー横転、2台が追突 男性重傷 埼玉
  3. AV問題 女優が語った本音 新ルールで変わる撮影現場
  4. 中国 桜、人気 各地で植樹、偽物トラブルも
  5. 野党 セクハラ疑惑に抗議 黒い服で「#MeToo」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]