メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

樋口陽一(東京大名誉教授) 改憲、近代国家の否定に 憲法理念の根幹を聞く

 解釈改憲により集団的自衛権の行使を認めた安保関連法の強行採決に続き、今夏の参院選に向けて改憲論議の政治争点化が確実視されている。現代人の生活から遠いようでいて、実は欠かすことのできない憲法とは、いかなる思想と経過をたどって生まれ、どのような役割を持つのか。激動の近現代史を経て確立された憲法理念の根幹を、比較憲法学の泰斗、樋口陽一・東京大名誉教授に聞いた。【井上卓弥】

 −−近代憲法とは個人一人一人がその生き方を全うできるよう、国家権力を縛るものですね。

この記事は有料記事です。

残り1448文字(全文1676文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  2. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです