メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

ボランティア受け入れ窓口 県内各地に

ボランティアの受け付けをする多くの人たち=熊本県益城町で2016年4月21日午前9時、兵藤公治撮影

 ボランティアの受け入れ窓口となる「ボランティアセンター」は、熊本県内の各市町村に開設されつつある。菊池、宇土両市は18日、南阿蘇村でも20日から社会福祉協議会がセンターを開設した。熊本市でも22日に開設される予定だ。

 ただ、地震活動が活発な状況が続いており、「ボランティアの安全を確保できないと受け入れられない」(阿蘇市社協)など、まだ受け入れに慎重な自治体もある。社協の職員数が限られているため対応に懸念を示す自治体もあり、22日から受け入れる予定の菊陽町社協の担当者は「センターの開設前から毎日100人くらいの希望者が来て対応に追われている。ホームページなどでどこまで告知するか迷っている…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  2. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  3. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋
  4. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  5. 鉄道事故 インフル感染、線路に転落か 女性死亡 東京・中目黒駅

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです