メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外れ馬券

購入費は経費と認定 東京高裁が逆転判決

 競馬の外れ馬券の購入費を経費と認めなかった国税当局による所得税の課税処分は違法として、北海道の男性が約1億9000万円の課税取り消しを求めた訴訟の控訴審で、東京高裁は21日、請求を棄却した1審・東京地裁判決を取り消し、経費と認める原告逆転勝訴の判決を言い渡した。菊池洋一裁判長は「男性は6年間勝ち続け多額の利益を得ており、馬券を有効に選べる何らかのノウハウがあった。一連の馬券購入は経済活動の実態がある」と認定し、外れ馬券の購入費が経費に当たると判断した。

 外れ馬券を巡って最高裁は昨年3月、他の脱税事件の裁判で「長期間にわたり多数回、網羅的に馬券を購入し恒常的に利益を上げた場合、外れ馬券も必要経費に当たる」との判断を示している。

 今回の訴訟で1審判決は「どのように馬券を買うか個別に判断している」として訴えを退けていた。

 判決によると、男性は2005〜10年に約72億円分の馬券を購入し、約78億円の払戻金を受けて約5億7000万円の利益を上げた。【伊藤直孝】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]