メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子宮頸がんワクチン

厚労省、異例の見解 研究班の発表に

 子宮頸(けい)がんワクチンを接種後に脳機能障害が出た33人の約8割で「特定の遺伝子型が一致した」と厚生労働省研究班の代表者が3月に行った発表の内容について、厚労省は「(統計的に)少数のデータで、約8割という数字は確かなものとは言えない」とする見解をホームページに掲載した。

 大学の研究者などが実施する研究班の研究成果に対して厚労省側がこ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  2. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  3. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  4. イスラエル空軍 F35戦闘機、世界で初めて実戦使用
  5. 厚労省、妊婦加算の自己負担廃止へ 「妊婦税」批判高まり

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです