メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

避難の闇照らす命 本震直後に出産「奇跡の子」

橋田桜佳ちゃんを囲む(左から)野田スミコさんと橋田真紀さん、真紀さんの父野田能史(よしふみ)さん=熊本県宇城市松橋町松橋の「まつばせレディースクリニック」で2016年4月20日午後0時38分、平川昌範撮影

 21日で発生1週間を迎えた熊本地震。避難生活が長期化するにつれて体調を悪化させる人が相次いでいる。被災者は余震におびえ、不自由な生活でさまざまなストレスにさらされている。一方、大きな揺れの中で生まれた小さな命とともに、前を向く家族の姿がある。

 マグニチュード7.3の地震が起きた16日、震度6強の揺れに見舞われた熊本県宇城(うき)市の産婦人科医院で産声が上がった。同市小川町の橋田真紀さん(28)の長女桜佳(おうか)ちゃん。家族は「あなたは奇跡の子。たくましく育って」と目を細める。

 真紀さんは、出産のために近くの実家に戻り、16日午後に帝王切開を予定していた。寝付けずに横になって…

この記事は有料記事です。

残り1292文字(全文1584文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです