メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAC

機内にアブで大捕り物 駆除できず乗客別の便に

 20日午後2時ごろ、松山市南吉田町の松山空港で、鹿児島行き日本エアコミューター(JAC)3686便の機内にアブが1匹いるのを客室乗務員が見つけた。乗客の搭乗前だったため、乗務員らは約1時間半、たたいて駆除したり機外に追い出そうとしたりしたが失敗。アブは人を刺すため、JACは「乗客の安全を優先するため」として欠航を決めた。

     搭乗予定だった乗客18人は、伊丹空港経由の便に乗り換えるなどした。翌日の機材繰りのため、当該機は予定より1時間40分遅れてアブを乗せたまま鹿児島に向かった。JACによると、虫による欠航は珍しいという。【成松秋穂】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
    3. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
    4. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落
    5. 自民党 「劣化激しい」の声 不祥事相次ぐ「魔の3期生」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]