メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAC

機内にアブで大捕り物 駆除できず乗客別の便に

 20日午後2時ごろ、松山市南吉田町の松山空港で、鹿児島行き日本エアコミューター(JAC)3686便の機内にアブが1匹いるのを客室乗務員が見つけた。乗客の搭乗前だったため、乗務員らは約1時間半、たたいて駆除したり機外に追い出そうとしたりしたが失敗。アブは人を刺すため、JACは「乗客の安全を優先するため」として欠航を決めた。

     搭乗予定だった乗客18人は、伊丹空港経由の便に乗り換えるなどした。翌日の機材繰りのため、当該機は予定より1時間40分遅れてアブを乗せたまま鹿児島に向かった。JACによると、虫による欠航は珍しいという。【成松秋穂】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
    3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
    5. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです