メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 備えていたとしても、実際に地震が起きた場合はどうしたらいいだろうか。自宅にいる時にグラリと来たら、どのように行動すべきか。高齢者・子供連れの避難についても、あらかじめ知っておきたいことをまとめた。

 ●収まってから消火

 東京都は防災ガイドブック「東京防災」で、(1)揺れが収まってから行動する(2)火元を確認する(3)出口を確保する(4)ガラスや塀から離れる−−と原則を示している。

 リビングやキッチンでは、家具の下敷きになることや、窓や照明器具が割れてガラスが飛び散ることによるけ…

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです