メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわりEYE

春の嵐を起こす低気圧

ひまわり8号が撮影した17日午前2時50分の赤外画像。熊本県付近に活発な雨雲がかかっている

 熊本地震は16日、マグニチュード(M)7・3の「本震」でさらに被害が拡大した。土砂崩れも多数発生。気象庁は周辺で大雨警報を出す基準を通常の7〜8割に引き下げ、折からの低気圧接近を前に、熊本県全域に大雨警報を発令した。

 地震で地盤が脆弱(ぜいじゃく)になり、雨による土砂災害の危険性が平時よりも高まっているからだ。川の堤防にも被害があり、洪水警報の基準も下げた。

 今回接近した低気圧は、日本海を発達しながら東へ進んで全国に「春の嵐」をもたらす典型的なものだった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです