メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

米軍の支援活動終了へ 米報道部長

 【ワシントン西田進一郎】米国防総省のデービス報道部長は21日、熊本地震の被災者支援のため在日米軍が18日から行っている救援物資輸送について、「米軍機への出動要請の数は減っており、米軍の支援活動は数日で終了すると予想している」と語った。同省内で記者団に語った。

     デービス氏によると、支援活動は岩国基地(山口県岩国市)を拠点に、在沖縄米海兵隊の第31海兵遠征部隊(31MEU)を中心にこれまで約130人の要員が携わった。豪雨のため輸送が中止になった日もあったが、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイやC130輸送機、UC35輸送機で、被災地に30トンを超える食料や水、衛生用品などを運んだという。

     日本国内の災害派遣でオスプレイが使われたのは初めてで、デービス氏は「日本政府の要求に基づいて投入した」と説明した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
    2. 警視庁 コインロッカーに乳児遺棄容疑 25歳女逮捕
    3. 4歳児死亡 殺人容疑で父親逮捕 引き出しに閉じ込め
    4. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
    5. 目黒虐待死 被害女児、大学ノートに「反省文」 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]