メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

橋崩落で南阿蘇村分断の危機 通学も不能

立野地区の位置

 熊本地震で阿蘇大橋が崩落した熊本県南阿蘇村が、地域分断の危機にさらされている。橋の西側に位置する立野(たての)地区の住民は、役場や小中学校などがある東側の村中心部に行けなくなった。深い谷に架かる巨大な橋の再建には相当な期間がかかるとみられ、住民からは「移住せざるを得ない」という声も漏れる。

 22日朝、熊本県大津(おおづ)町の体育館で、立野地区の住民約70人が身を寄せ合っていた。「いつまで避難生活が続くのだろうか。早く帰りたい」。江川恒雄さん(66)がつぶやいた。雨による土砂災害の危険が高まったとして、21日に立野地区の一部に避難指示を出した村は、橋の東側への避難も模索したが、結局、大津町の避難所へ移す方が安全な上、はるかに早いと判断した。

 「赤橋」と称される観光名所の阿蘇大橋は1971年に開通した。長さ約205メートルで、谷底からの高さ…

この記事は有料記事です。

残り723文字(全文1097文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです