メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

駅弁「いかめし」

真空パックで賞味期限一気に3カ月に

森駅の名物として全国に知られる阿部商店のいかめしの真空パック(左)。右は駅弁=北海道函館市で2016年4月21日午後2時43分、遠藤修平撮影

JR北海道の森駅の名物 阿部商店が開発

 1941年に発売され、全国的に人気が高いJR北海道の森駅(北海道森町)の駅弁「いかめし」をつくる阿部商店が、真空パック製品を開発。777円で、道内の主要な駅や空港で販売している。

 駅弁は賞味期限が1日で、森駅の売店以外は百貨店などでの実演販売でしか買えなかった。「お土産にしたい」と遠方の多くのファンから要望が寄せられ、真空パックによって賞味期限は3カ月になった。

 温めても固くなったり臭みが出たりしないよう、専用の容器を使いタレを付けるなど工夫を重ねた。今井俊治社長は「ぜひ駅弁とお土産の両方のイカした味を楽しんで」。【遠藤修平】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  2. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  3. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  4. プロ野球 広島がマジック点灯「32」
  5. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです