メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土記

「地球の時間」を知って=青野由利

 <do−ki>

 「地震? 経験がありません」。フィンランドの核のゴミ最終処分場「オンカロ」を訪ねた時のこと。専属の地質学者が当然のことのように言っていた。「18億年前にできた岩盤で非常に安定しています」。地震国からみるとなんともうらやましい。

 過去の震源分布を赤で示した世界地図を改めて見ると確かに北欧は白い。一方、日本もエクアドルも真っ赤。私たちがひずみのたまる特別な地域に暮らしているのは一目瞭然。それなのになぜ、「九州では大きな地震は起きないと思っていた」という人が多いのか。確かに最近熊本で目立った地震はなかったが、今回活動している断層の周辺では過去に何度も起きている。政府の地震調査委員会も主な活断層の一つと認識している。

 理由は簡単。「人間の時間」と「地球の時間」が違い過ぎるからだ。人が過去の経験として意識できるのはせ…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文1009文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです