メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

阿蘇山、本震で20センチ沈む…中岳火口付近

噴煙を上げる阿蘇山=2016年4月16日、本社機「希望」から梅村直承撮影

国土地理院解析

 国土地理院は22日、熊本地震のマグニチュード(M)7.3の本震で、阿蘇山の中岳火口付近が約20センチ沈んだとの解析結果を発表した。本震を起こした布田川(ふたがわ)断層帯は、阿蘇山西側で途切れているとみられ、地理院の藤原智・総括研究官は「地震が何らかの影響を及ぼしたことは間違いないが、火山活動との関連は分からない」と話している。

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)の陸域観測技術衛星「だいち2号」の観測データなどを解析したところ、阿蘇山は西側に広がる方向で沈んでおり、火口付近で約20センチ、西側で30センチ程度沈んでいた。布田川断層帯東端は阿蘇山の西側で途切れており、衛星データの解析からさらに東に延びていることは確認できないという。

     一方、解析では布田川断層帯の北側は東に最大1.5メートル、南側は西に70センチ以上動いたとみられることも分かった。【大場あい】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
    2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
    3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
    4. 韓国 慰安婦財団の解散発表へ 日本の反発は必至
    5. 障害者 車いすでワイン試飲「拒否不当」 百貨店を提訴

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです