メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸・橋桁落下

ごう音と土煙「逃げろ」…作業員ら絶叫

新名神高速道路の工事現場で橋桁が落下し、騒然とする事故現場=神戸市北区で2016年4月22日午後6時2分、小関勉撮影

 山間部を貫くように建設が進む高速道路の工事現場に、「バリバリッ」というごう音が響き、足場と一緒に人が落ちていった。神戸市北区の新名神高速道路で22日、10人が死傷した橋桁の落下事故。工事関係者らが、生々しい事故の様子を証言した。【藤田宰司、粟飯原浩、田辺佑介】

 橋桁の真下を通る国道176号は、事故があった夕方は渋滞することが多いが、たまたま巻き込まれた車はなかった。

 橋桁の足場の解体作業をしていた、とび職の梛木(なぎ)拓也さん(20)=大阪市大正区=は「バチンとい…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1067文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. コトバ解説 「海老」と「蝦」の違い
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです