メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

かりんとう 歯応えと思い出引き継ぐ

昔ながらの駄菓子を守る渡辺さん夫妻。良夫さんが手にするのが特産の明治ごんぼう

 「りぼん状にねじった『かりんとう』ですよね。その菓子なら倉敷(岡山県)で売っています。お土産で買いましたから」。帰省途中に寄ったJR福山駅(広島県)前のレンタカー店で、受付の女性からそう聞いた。「子どものころ、こんなお菓子が……」と昔の駄菓子を話題にしたときだった。調べると岡山県井原市の菓子工房が製造元。今回の探しものは、カリッとした歯ごたえの、あの硬い「かりんとう」である。

 「かりんとう」にも関東と関西の違いがあるような気がする。サクッとした軟らかな歯ごたえの関東ものに対…

この記事は有料記事です。

残り1195文字(全文1435文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  4. 迫撃砲着弾 道路の舗装めくれ「命の危険感じた」
  5. 陸上自衛隊 国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです