メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

かりんとう 歯応えと思い出引き継ぐ

昔ながらの駄菓子を守る渡辺さん夫妻。良夫さんが手にするのが特産の明治ごんぼう

 「りぼん状にねじった『かりんとう』ですよね。その菓子なら倉敷(岡山県)で売っています。お土産で買いましたから」。帰省途中に寄ったJR福山駅(広島県)前のレンタカー店で、受付の女性からそう聞いた。「子どものころ、こんなお菓子が……」と昔の駄菓子を話題にしたときだった。調べると岡山県井原市の菓子工房が製造元。今回の探しものは、カリッとした歯ごたえの、あの硬い「かりんとう」である。

 「かりんとう」にも関東と関西の違いがあるような気がする。サクッとした軟らかな歯ごたえの関東ものに対…

この記事は有料記事です。

残り1195文字(全文1435文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  4. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]