メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作家にきく

シゲリカツヒコさん

おじさんたちがはたら場面ばめんきたかった

 ちょっとあやしい工場こうじょうで、おじさんたちがガスをつくるようすをえがいた絵本えほん「ガスこうじょうききいっぱつ」。予想外よそうがい結末けつまつおもわずしてしまいます。作者さくしゃのシゲリカツヒコさんにきました。【篠口純子しのぐちじゅんこ

    人体じんたい図鑑ずかん

     −−とてもユニークな絵本えほんですね。どのようにできたのですか。

     シゲリさん どものころから人体じんたい図鑑ずかんきでした。よくていた図鑑ずかんは、内臓ないぞう機能きのう工場こうじょうのように説明せつめいしていました。レーンがあって、作業員さぎょういんのようなキャラクターがはたらいていて、べたものが、かみくだかれてながれていくようなでした。それをもっとおおまじめにリアルにいたら、おもしろいのではないかとおもいました。最初さいしょは、心臓しんぞうはいみみのうなど体内たいないをめぐるストーリーでした。でも、さらにテーマをしぼって「ガスこうじょうききいっぱつ」ができました。

     じつはきたいがうかび、さきいて、あとから文章ぶんしょうをつけていきます。今回一番描こんかいいちばんかきたかったのは、おじさんたちがラインにならび、たんたんとはたら場面ばめんです。

     −−細部さいぶまでんだイラストですね。

     シゲリさん どものころ、人間にんげんからだかたちわくいて、そのなか機械きかいをちみつにあそびをしていました。ならレンズだったり、はな吸入口きゅうにゅうこうみたいなものだったり。まさに「ガスこうじょうききいっぱつ」の見返みかえしにあるようなです。なぜかというと、アニメ「マジンガーゼット」や特撮とくさつドラマ「人造人間じんぞうにんげんキカイダー」がきだったからです。いまはその延長線上えんちょうせんじょうにあって、こまかいくのは、ぜんぜんではありません。りがなければずっといていたいくらいです。

    工場こうじょうっぽさはしたい

     −−工場こうじょうはたらくおじさんたちの姿すがた印象的いんしょうてきです。

     シゲリさん 工場こうじょうっぽさはしたいとおもいました。ガスタンクや給水塔きゅうすいとう撮影さつえいしにきました。

     −−どものころから仕事しごとをしたいとおもっていましたか。

     シゲリさん 小学生しょうがくせいのころはマンガになりたいとおもっていました。「仮面かめんライダー」のはよくいていましたね。中学生ちゅうがくせいになったら絵画かいがきになりました。美術展びじゅつてん感動かんどうしたのをきっかけに美術びじゅつみちすすみました。画家がか目指めざして専門学校せんもんがっこうかよい、油絵あぶらえ勉強べんきょうしました。

     −−2010ねんの「カミナリこぞうがふってきた」で絵本作家えほんさっかデビューしました。

     シゲリさん イラストレーターの仕事しごともしていて、妖怪ようかいくのがきでした。表紙ひょうし挿絵さしえ担当たんとうすることはありましたが、絵本作家えほんさっかはおもしろさがちがいます。読者どくしゃ反応はんのうがダイレクトにつたわってくるのがうれしいです。

     −−つぎはどんなものをきたいですか。

     シゲリさん これからもバカバカしいものをおおまじめにいていきたいです。なんとなくかんでいますが、まだはなしがまとまっていません。でも、いろいろなやんでいる時間じかんたのしいです。


     ☆ガスこうじょうききいっぱつ(ポプラしゃ/1404えん

     24時間休じかんやすむことなくうご工場こうじょう。おじさんたちがせっせとはたらき、ガスをつくっています。これからガスができるまでを見学けんがくします。ところが絶体絶命ぜったいぜつめい危機ききおとずれます。ガスの正体しょうたいとは……。迫力はくりょくあふれるイラストで消化しょうか仕組しくみをたどる人体じんたいファンタジー絵本えほん


     ■プロフィル■

     1962ねん岐阜県生ぎふけんうまれ。専門学校卒業後せんもんがっこうそつぎょうご、「茂利勝彦しげりかつひこ」の名前なまえ数々かずかずのイラストレーションをがけてきた。自作絵本じさくえほんに「カミナリこぞうがふってきた」「ごじょうしゃありがとうございます」(いずれもポプラしゃ)がある。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
    2. 北海道に白いヒグマ 日大演習林で動画撮影成功
    3. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
    4. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
    5. 勝利に両手、両膝をコートに 錦織「とても幸せ」 全豪テニス3回戦進出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです