メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6年目の被災地

釜石産ブドウ100%、ワイン事業で再生 障がい者雇用も期待 遠野まごころネット /岩手

三陸再生の願いが込められた釜石ワイン・ロゼで、野田武則・釜石市長(左から4人目)や企業ボランティアと乾杯する臼澤良一・遠野まごころネット理事長(同5人目)ら=釜石市港町2のイオンタウン釜石で

 東日本大震災後、被災地で県内最大規模のボランティア活動を続けるNPO法人・遠野まごころネット(遠野市、臼澤良一理事長)が、釜石市で栽培したブドウ100%で醸造した「釜石ワイン」(仮称)が23日、誕生した。同ネットは、ワイン事業の可能性を見据え、活動を通して見えてきた地域再生と障がい者の雇用創出を狙う。【中尾卓英】

 釜石市のイオンタウンであった発表会では、野田武則市長や醸造した長野県東御市のワイナリー代表、蓮見よ…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文744文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです