メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6年目の被災地

釜石産ブドウ100%、ワイン事業で再生 障がい者雇用も期待 遠野まごころネット /岩手

三陸再生の願いが込められた釜石ワイン・ロゼで、野田武則・釜石市長(左から4人目)や企業ボランティアと乾杯する臼澤良一・遠野まごころネット理事長(同5人目)ら=釜石市港町2のイオンタウン釜石で

 東日本大震災後、被災地で県内最大規模のボランティア活動を続けるNPO法人・遠野まごころネット(遠野市、臼澤良一理事長)が、釜石市で栽培したブドウ100%で醸造した「釜石ワイン」(仮称)が23日、誕生した。同ネットは、ワイン事業の可能性を見据え、活動を通して見えてきた地域再生と障がい者の雇用創出を狙う。【中尾卓英】

 釜石市のイオンタウンであった発表会では、野田武則市長や醸造した長野県東御市のワイナリー代表、蓮見よ…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文744文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  2. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  3. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  4. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円
  5. マレーシア機撃墜 親露派地域から発射 中間報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]