メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6年目の被災地

釜石産ブドウ100%、ワイン事業で再生 障がい者雇用も期待 遠野まごころネット /岩手

三陸再生の願いが込められた釜石ワイン・ロゼで、野田武則・釜石市長(左から4人目)や企業ボランティアと乾杯する臼澤良一・遠野まごころネット理事長(同5人目)ら=釜石市港町2のイオンタウン釜石で

 東日本大震災後、被災地で県内最大規模のボランティア活動を続けるNPO法人・遠野まごころネット(遠野市、臼澤良一理事長)が、釜石市で栽培したブドウ100%で醸造した「釜石ワイン」(仮称)が23日、誕生した。同ネットは、ワイン事業の可能性を見据え、活動を通して見えてきた地域再生と障がい者の雇用創出を狙う。【中尾卓英】

 釜石市のイオンタウンであった発表会では、野田武則市長や醸造した長野県東御市のワイナリー代表、蓮見よ…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文744文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]