メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

2補選 北海道5区、「安保回避」自民辛勝 支持者も不満

 24日投開票の衆院ダブル補選は、二つの議席を自民党と民進党が分け合った。北海道5区では、自民の和田義明氏(44)=公明、こころ推薦=が野党統一候補との激戦を制して初当選を果たした。一方、京都3区では民進党が国政選挙デビューを飾り、泉健太氏(41)が大差で6回目の当選。夏の参院選を控えた「負けられない戦い」を制した。自民党の宮崎謙介氏(離党)の議員辞職を受けた与党不在の選挙戦は、約7割の有権者が棄権を選び、今後の民意の動向は見通せない。おおさか維新の会と日本のこころを大切にする党は、京都で存在感を示すには至らなかった。

 故町村信孝・前衆院議長の娘婿で「弔い合戦」を制した和田氏は札幌市厚別区にある事務所で支持者とともに…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文975文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです