メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提言・世界の現場から

伊勢志摩サミット/1 チュニジア人権擁護連盟副代表・アリ・ゼディニ氏

アリ・ゼディニ氏

 ◆チュニジア人権擁護連盟副代表・アリ・ゼディニ氏(55)

対話で紛争回避、道探れ

 私たち「国民対話カルテット」がチュニジアで成し遂げたことは、「対話による紛争解決を促す手本だ」と評価され、昨年ノーベル平和賞を受けた。市民社会が主役となり、中立の立場から、対立する勢力を対話へと導き紛争を回避した方法をサミット参加国も参考にしてほしい。

 23年続いた独裁政権が2011年に倒れた後、政権を握ったイスラム政党と野党の世俗派の対立が深刻にな…

この記事は有料記事です。

残り798文字(全文1015文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 米国で11年半ぶり、長短金利逆転 “景気後退の前兆”株価急落
  5. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです