メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

世界の海運大再編=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 海運業界で大きな再編構想が動き出す。コンテナ船の共同運航の「オーシャン同盟」の結成だ。中国のコスコグループ(第6位)とフランスのCMA CGM(第3位)と台湾のエバーグリーン(第5位)と香港のオリエント・オーバーシーズ・コンテナ(第11位)の4社の運航体制だ。

 既にコスコは同じ中国のチャイナ・シッピング(第7位)との合併を決め、欧州連合(EU)と米国の独禁当局からの認可待ちである。もし5社同盟となれば、コンテナ船運航の定期船オペレーター上位20社の就航船腹量に占める割合は約26%となる。

 もともと第1位のデンマークのマースクと第2位のスイスのメディタレイニアンシッピングは船腹共有協定を…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  3. アポ電強盗殺人 3容疑者、愛知や兵庫の特殊詐欺に関与か
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. 羽生、動きにキレ 「やりたかったことすべて達成」 世界フィギュア・公式練習

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです