メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在特会訴訟

暴言は「人種差別的思想の表れ」賠償額を増額

高松高裁判決 230万円から436万円に

 在日特権を許さない市民の会(在特会)のメンバーらによる暴言などで業務を妨害されたとして、徳島県教職員組合と元職員の女性(64)が在特会とメンバーら10人に計約2000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、高松高裁であった。生島弘康裁判長は、在特会による行為を「人種差別的思想の表れで違法性が強い」と認定。1審・徳島地裁判決を変更して賠償額(約230万円)を増額し、在特会側に約436万円の支払いを命じた。

 原告弁護団によると、在日コリアンを支援する日本人に対する、在特会の攻撃的行為について、人種差別的思…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文795文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  3. 競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです