メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェルノブイリ原発事故

30年 「脱原発社会」を訴え 市民団体が街頭キャンペーン /鹿児島

鹿児島中央駅前で脱原発社会を訴える参加者

 旧ソ連・ウクライナのチェルノブイリ原発事故から30年を迎えた26日、市民団体「ストップ川内原発!3・11鹿児島実行委員会」は、鹿児島市のJR鹿児島中央駅前で、脱原発社会を訴える街頭キャンペーンを実施した。

 1986年4月26日未明、チェルノブイリ原発4号機で試験運転中の原子炉が暴走し爆発、放射性物…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです