メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提言・世界の現場から

伊勢志摩サミット/2 「貧困をなくすためのグローバル・コール」ケニア事務局長フローレンス・シェボ氏

「人間開発の優先」主導を フローレンス・シェボ氏(33)

 伊勢志摩サミットは、昨年9月の国連総会で「持続可能な開発目標」が採択された後、初のサミットとなる。新たな国際目標には、途上国の貧困解消に加えて、「責任ある消費」や「不平等の是正」など先進国にも共通する幅広い分野の課題も盛り込まれた。どの国も目標を政策に反映させていくべきであり、主要7カ国(G7)各国にはリーダーシップを取ってほしい。世界が注視している。

 2015年に期限を迎えた「国連ミレニアム開発目標」には貧困のない世界を目指し、「飢餓の半減」など具…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文708文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 裁判員 増え続ける辞退 制度施行8年、長期審理敬遠か
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. カンヌ国際映画祭 是枝監督、最高賞 「万引き家族」 日本21年ぶり
  5. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]