メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提言・世界の現場から

伊勢志摩サミット/3 パンアフリカ気候正義連盟事務局長 ミティカ・ムウェンダ氏

パンアフリカ気候正義連盟事務局長のミティカ・ムウェンダ氏=町田結子撮影

温暖化対策、援助渋るな ミティカ・ムウェンダ氏(42)

 気候変動は、富める人々によって作られ、貧しい人々が最も被害を受ける「不正義」だ。経済大国、特にサミットに参加する主要7カ国(G7)は、昨年12月の国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で採択された「パリ協定」の実施に、強い指導力を発揮すべきだ。そして途上国による温暖化対策への資金援助を惜しまないでほしい。

 私たちは、アフリカ45カ国の1000を超す団体からなる大陸最大の市民社会ネットワークだ。気候変動対…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文711文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 西日本豪雨 「ママ、寒いよ」土石流5歳児の夢奪う 広島
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]