メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

備える生きる大地震

IT活用、情報伝達に差

 熊本地震では電話が殺到したり、基地局が停電で使えなくなったりして、通信がつながりにくくなった。東日本大震災後、インターネットを活用したサービスは増えているが、ネットが苦手な高齢者への対応や、デマ情報への対処法といった課題もある。普段から対策を考えていくことが肝要だ。

 ●公衆電話は優先

 総務省のアンケート結果によると、東日本大震災時に連絡を取ろうとした人のうち95・3%は安否確認が目的で、初めに試した手段は携帯電話が58・2%、電子メールが22・7%、固定電話12・7%。しかし、電話はつながりにくく、「まったくつながらなかった」が4割に上った。一方、「メールが送受信できなかった」は17・6%にとどまった。さらに、ツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を活用する動きもあり、ITを活用できるかどうかで情報の入手・伝達に差が出た。

 災害時の通信に詳しい中村功・東洋大社会学部教授(災害情報学)は「被災地から外部へは発信しやすい。公…

この記事は有料記事です。

残り1783文字(全文2212文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです