メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

西原村で縦ずれの正断層確認 東北大教授ら

遠田晋次教授らのグループが熊本県西原村の地表で確認した正断層(中央)=遠田教授提供

 熊本地震の16日未明の本震で震度7の強い揺れが観測された熊本県西原村で、縦ずれの正断層と横ずれ断層が約2キロの間隔を置いてほぼ平行に走っているのを、東北大の遠田晋次教授(地震地質学)らの研究グループが確認した。同地震について、気象庁は地盤が南北方向に引っ張られる力で断層が横に動いた「横ずれ断層」型としているが、遠田教授らは、部分的に縦方向のずれが別の断層として現れたとみて…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです