メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の選挙から

米国・韓国・英国 平日投票の理由は

韓国の総選挙で投票する女性=ソウルで13日、聯合・共同

 世界では今年、注目の選挙が相次ぎます。投票日は各国の歴史的事情を踏まえ、さまざまです。

 米国では大統領選が11月8日の火曜日にあります。大統領選の投票日は1845年、連邦法で「11月の第1月曜の次の火曜日」となりました。当時の有権者の多くは農民で、日曜日はキリスト教の安息日。投票所は主要都市にしかなく、交通の便は良くありませんでした。月曜日に農村から馬車で移動を始め、途中で1泊して投票所に着く想定をしたようです。

 交通網が発達し、農村部にも投票所が増えた今では、投票率を上げるため、投票日を週末に変えるべきだとの…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです