メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナマ

「資金洗浄」の地 規制強化「骨抜き」の可能性

世界的な課税逃れの実態が内部文書で暴露された法律事務所「モサック・フォンセカ」=中米パナマの首都パナマ市で

 太平洋と大西洋をつなぐ運河を抱える物流の要衝パナマ。20世紀初め、船舶課税の低減などで外国船の登録を促す「便宜置籍国」となり、その後も多国籍企業に有利な税制を導入して経済発展を進めてきた。米ドル紙幣が流通する利点もあり、金融センターの一つに成長した。海岸沿いの高層マンション群は「麻薬の資金洗浄(マネーロンダリング)のたまもの」とうわさする元米政府職員もいる。パナマは昨年、不動産開発業者の資金洗浄規制に乗り出している。【パナマ市で清水憲司】

 パナマ政府は「パナマ文書」発覚後、課税逃れ対策を主導する経済協力開発機構(OECD)の要請に応じ、…

この記事は有料記事です。

残り1149文字(全文1421文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです