メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提言・世界の現場から

伊勢志摩サミット/4 開発多様性サービス事務局長 マウンゴ・ムーキ氏

良い意味での「女性差別」を マウンゴ・ムーキ氏(55)

 女性のエンパワーメントとジェンダーの平等は、国の発展にとり極めて重要だ。例えば途上国で教育における男女格差が無くなり、女性が知識をつければ、家族計画や保健衛生でより良い選択が可能となる。妊産婦の健康改善や乳幼児死亡率低下につながる。経済成長にも欠かせない。

 そのうえで大事だと強調したいのが、先進国、途上国にかかわらず女性を優遇する良い意味での「差別」。意…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文730文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  2. 裁判員 増え続ける辞退 制度施行8年、長期審理敬遠か
  3. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  4. カンヌ国際映画祭 是枝監督、最高賞 「万引き家族」 日本21年ぶり
  5. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]