メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提言・世界の現場から

伊勢志摩サミット/4 開発多様性サービス事務局長 マウンゴ・ムーキ氏

良い意味での「女性差別」を マウンゴ・ムーキ氏(55)

 女性のエンパワーメントとジェンダーの平等は、国の発展にとり極めて重要だ。例えば途上国で教育における男女格差が無くなり、女性が知識をつければ、家族計画や保健衛生でより良い選択が可能となる。妊産婦の健康改善や乳幼児死亡率低下につながる。経済成長にも欠かせない。

 そのうえで大事だと強調したいのが、先進国、途上国にかかわらず女性を優遇する良い意味での「差別」。意…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文730文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 西日本豪雨 「ママ、寒いよ」土石流5歳児の夢奪う 広島
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]